• ムジカトシのブログ

グレンツェン課題曲 エレクトーンで上達!

小学5,6年の課題曲「ギャロップ」。この曲も指の独立が音のクリアさにつながります。小学生にわかるように指導することは非常に難しいです。自分の演奏を撮影し、それを見て確認する。エレクトーンをお持ちの先生は、1度「アタック」音を使ってみてください。この音色で、ちゃんと音が出て演奏できればピアノで弾いた時に、とてもクリアな音鳴ります。生徒自身も、自分の音がなっているかどうかがわかるので、1人でもしっかりと練習できます。しかもゲーム感覚で音がすべて鳴るように練習してくれるので、ヘッドフォンを使ってもきっちりとできます。レッスン前やレッスン後の時間を利用して練習をしてもらえます。

ちなみに「ギャロップ」は、馬に乗っている(早く駆ける状態)をさすので、スピード感が要求されます。

最新記事

すべて表示

グレンツェンピアノコンクール

12月26日に浜松アクトシティ大ホールで、グレンツェンピアノコンクール 浜松地区大会がありました。生徒7人が出場させていただきました。日頃のレッスンで、自分の弾いている音をよく聴いて、自分の演奏がどうだったかを自分で評価できるようになると上達のスピードが上がるということを言っています。審査の講評の中で、先生方から同じ言葉がありました。課題曲に関しては、曲のイメージ。背景などを考えて演奏することを指

グレンツェンピアノコンクール本選に向けて

ピアノコンクールの本選選に向けて、参加する生徒の能力を高める為に、聴き合い会を実施します。参加する生徒が演奏を披露するとともに、全員がその演奏に対する感想を述べます。このことで、どういうことに注意して練習するとよいのかというのを実感してくれます。そうすることで、楽譜との向き合い方や曲の分析の仕方について、たくさんの事を学んでくれます。これは楽譜の読み方や氏あg利の日数を大幅に短縮短縮すことができま

グレンツェンピアノコンクール課題曲

12月の本選課題曲。中学生部門、なかなか難しいです。大き「な望み」は右手の動きが、アルペジオになっていて、コードトーンの3音を繰り返し弾いて行くのですが、16文音分での記譜になっていて、弾く時は3音で1つのかたまりになっています。あまり意識しすぎると3連符で感じて演奏してしまう。そうすると左手のメロディーが弾きにくくなります。 ソナチネは指が独立していないと、いい音が出ません。独立しているかどうか

レッスン時間

火~土  10:00am-10:00pm

学習指導  

火~土 5:00pm-10:00pm

Skype

​予約制で 9:00am-0:00am

 

問合せ・お申込み

ls2525@mbi.nifty.com

※ご連絡まで3日ほどお待ちください