• ムジカトシのブログ

電子ピアノの比較はしてみましたか?

最近、電子ピアノの選び方についての相談が、生徒の保護者からありましたので、そこでお話したことを書いてみます。

鍵盤の強度が安定していることを確認しましょう。黒鍵を指でつまんで軽く左右にゆすってみましょう。ぐらつき感を確認してみてください。本物のピアノがあれば、その黒鍵と比較してみるとわかりやすいです。

次に、座って楽器を弾いてみましょう。別に曲を弾かなくてもよいです。両手でしっかりとたたいて見ましょう。実際に演奏する時には、かなりの体重が楽器にかかります。その時にいかに楽器が安定しているか。奥行きのないコンパクトなものは、場所をとらないというメリットと引き換えに、この安定感を犠牲にしていることがあります。次に足のところにある3本のペダル。これもピアノの位置と比べてください。固定されているものはよいのですが、移動できるものは、位置が本物の位置とは異なってしまいます。最後に、楽譜を譜面台に置きましょう。本物のピアノに座ってみる位置と同じような位置にあるもの。こうして決めましょう。

最後に、低いほうから順番に、音を聴きましょう。このとき手のひらでバ~ンとたたいて見て聴いてください。真ん中あたりの音はよいのですが低いほう(左側)や高いほう(右側)になると音がしっかりと鳴っていないような気がすると思えるものもあります。ピアノと聴き比べてみましょう。「私は経験がないから、そういわれてもわからないと思います」とおっしゃっていたお父様も、実際にやってもらったら「わかる」と言っていました。

せっかく購入するのなら、安心して使えるもの。レッスンを受けてもちゃんと答えられる楽器。こういうのを選んでください。

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

金管楽器のお話

トランペットやホルンなど様々な金管楽器があります。今の形になるためには、大変な工夫が必要だったようです。金属製の管を曲げると必ずどこかがつぶれてしまいます。どこもつぶさずに曲げる為にはどうしたらよいでしょうか?金属の管の中に氷のような固体を詰めることで、つぶれずに曲げることができます。しかし今度は曲げるのに大変な力が必要になります。このあたりの技術ができたことで発展したようです。実は金属の管で円形

電子ピアノ練習法

前回、生徒達の情報から、電子ピアノで上達しない原因を説明しました。 今回は、練習方法についてお知らせしたいと思います。 まず、ヘッドフォンでの練習に切り替える。このとき、電子ピアノ本体のボリュームは7~8割。時計の短針にたとえると13時から14時になります。 本体で練習する場合は、ボリュームを8割(短針で2時)にすることをお勧めします。 ヘッドフォンで練習する場合、ボリュームを上げすぎると、弱いタ

レッスン時間

火~土  10:00am-10:00pm

学習指導  

火~土 5:00pm-10:00pm

Skype

​予約制で 9:00am-0:00am

 

問合せ・お申込み

ls2525@mbi.nifty.com

※ご連絡まで3日ほどお待ちください